糸魚川ヒスイ商組合
イベント
.
糸魚川ヒスイ商組合について
itoigawa hisui syou kumiai
 

 糸魚川市は万葉の時代から「翡翠」を産する国として、栄華を極めてきました。

 時が流れ、今、糸魚川市は日本初の世界ジオパーク認定に沸いています。ジオは大地=その代表格が翡翠と言われています。

 こうした流れの中で、当市への観光客の増大が見込まれ、土産品の「ヒスイ」販売の増加も見込まれています。

 産地であるがゆえに、買った翡翠の真贋が問われ、事業者のプライドやモラルの向上が指摘されています。

 ここにヒスイの加工・販売に関わる同業者が、製品・商品の「表示方法」に重点を置き、顧客との信頼感をつなぐとともに、産業振興と社会的地位の向上および会員間の親睦を図るため、同業組合の結成を行い、互いに切磋琢磨し糸魚川市の「ヒスイ商組合」の信頼を深めていくことを目的にしています。

(組合組織と事業概要)

1.組合は当分「任意組合」方式。

2.事務局は商工会議所に委託。

3.事業は会員の親睦・研修・共同販売など。

4.会員には「組合員章」を交付し、商品添付の「組合員証シール」を販売する。

5.会員は糸魚川市に居住し、糸魚川市に店舗を所有するものに限る。

6.会費は年額5万円。特別会費の徴収もある。